肥料を与える時期は?~シンボルツリーを美しく育てる~

庭の手入れをすることでシンボルツリーが生長しやすくなります 庭の手入れをすることでシンボルツリーが生長しやすくなります

シンボルツリーを美しく保つ~肥料について~

肥料を与えるタイミングによって、庭木の成長に違いが出てきます。まずはどういった作業法があるのか知る事が大切です。では、いくつかの作業法をご紹介します。

シンボルツリーに肥料を与える

追肥
庭木によっては土壌の栄養分だけでは、栄養が足りない場合があります。そういったときに追肥をすることで十分な栄養を補うことができます。即効性の早い肥料を使用すると、効果が早く現れます。
寒肥
庭木は、厳しい冬になると成長が休止することがあります。そのため、春に備えて冬の間に肥料を与えることで、成長をサポートしましょう。一年を通して、庭木の成長はこれで決まる、とも言われているので非常に重要な作業です。
お礼肥
花が咲いた後や、果実を収穫した後には、多くのエネルギーを消耗してしまうので元気がなくなる庭木が多いです。そのため、お礼肥を与え、開花や実がなった後の草木に栄養を与えていきしょう。そうすることで、また次の花や実を持つことができるようになります。

このように、様々な肥料の与え方があります。シンボルツリーの成長サイクルに合わせて、正しく肥料を与えることが重要です。また、これらの作業を間伐、草取り、と合わせて行なうことでよりシンボルツリーの成長に効果が期待できます。

肥料の施肥量

肥料を実際に使用するときに悩んでしまうのが、一回あたりに使用する量です。肥料のパッケージ裏面に使用量が書かれているので、その通りに使用するようにしましょう。また、なるべく施肥量はなるべく必要最小限にすると良いとされています。

TOPボタン