庭を美しくするには芝刈りや間伐、草取りが重要~シンボルツリーを育てる条件~

庭の手入れをすることでシンボルツリーが生長しやすくなります 庭の手入れをすることでシンボルツリーが生長しやすくなります

小まめに芝刈り・間伐・草取りをする~シンボルツリーを健康的に~

庭

最近ではご家庭にシンボルツリーを置いて、成長を楽しみながら見守るという人が増えています。庭に大きな木があると、日々の癒しになります。ここでは、そんなシンボルツリーを育てるために必要な条件などをご紹介します。

シンボルツリーを健康的に育てるために必要な条件

  • 太陽から注がれる日光
  • 生育に必要な分の水やりをする
  • 風がよく通る場所に置く
  • 栄養を含んだ土壌に植える
  • 害虫の被害にあわないような対策

大切な庭の手入れ


間伐は庭木にも必要ですか?

間伐とは、木々の生長を助ける作業のことです。こういった作業をしないと、木が混みあって景観も悪くなり、木の栄養も十分に行きわたらなくなるので、弱い木になってしまいます。また、大雨や風雪にも耐えられず、腐ったり、倒れたりしてしまうでしょう。
庭木周辺の雑草は除去するべき?
大事にしている庭木の周辺に、雑草が生えていると、土の栄養分が雑草にも行きわたってしまい、大切な庭木に栄養が十分に届かなくなってしまいます。それを防ぐには草取りが必要でしょう。草取りは、時間と労力が必要ですが、行なっておくことで生育を妨げるのを防ぐことができます。
芝刈りを行なうべき理由は?
定期的に芝刈りを行なうことで、日光が芝生の根っこまで当たるようになります。そうすると、自然と丈夫な芝生になり、理想的な芝生を作り出すことができます。逆に、芝生の手入れをせずに伸びきった状態で放置をすると、害虫が発生する原因になり、景観も悪くなるのでせっかくのシンボルツリーが台無しになります。

このように、間伐や芝刈り、草取りをしっかりと行なうことで、シンボルツリーが健やかに成長するようになります。シンボルツリーが大きくなると庭のアクセントにもなり、見た目の景観も非常に良くなるでしょう。

庭の手入れは手間と時間がかかる~プロに依頼して解決~

庭の手入れと言えば草取りですが、この作業は時間と体力を消耗してしまいます。今ではそんな草取りを楽に行なおうと、様々な方法が生まれています。ここでは、いくつかの草取りの種類をご紹介します。

手入れ方法

手作業
草取り本来の作業法です。その名の通り、機械は使わずに雑草を自分の手で引き抜く方法となります。素手で引き抜くこともできますが、鎌などを使い根っこから切り取る手段もあります。大変重労働で時間もかかってしまいますが、機械では難しい小さいスペースならこの方法でやるのが良いでしょう。
機械・アイテム
機械を使用して除草作業をする方法です。機械には様々な種類があります。土を勢いよくかき混ぜることで、雑草を根こそぎ引き抜く機械もあれば、雑草の上の部分だけを刈り込む機械もあるでしょう。作業スペースや状況に合わせて機械を選ぶといいです。
化学除草
化学的な薬品である除草剤を雑草に散布し、枯らす方法です。散布するだけなので簡単に作業できることから、多くの人が利用しています。しかし、雑草以外の草木でも枯らす効果があるので、散布する場所によっては注意が必要です。他の草木に影響がないように計画をしながら、行ないましょう。

手間がかかる手入れ作業

雑草は抜き取ってもすぐ成長してしまうのが現実です。日に日に伸びていく雑草を見ると、早く草取りをしなければと焦ってしまいストレスへと繋がってしまいます。そこで便利なのが、プロの草取り業者に依頼をすることです。長年の経験と、知識が豊富にあるので作業のレベルは大変高いです。

TOPボタン